ブログ

2020.07.11お知らせ

エアコンについて今一度知っておいてはいかがでしょうか?

長い長い梅雨が続いておりますが今からが夏の季節本番になりますね。

そんな時期、冷房機能のあるエアコンは夏に欠かせない一つのアイテム。

ただし、久しぶりにいざエアコンを付けようとしたらエアコンの寿命だったり、思いがけない理由で故障していてつ動かないなんてことも十分にあり得ます。

動かなくなったエアコンはそのままにしておいても邪魔になるだけなので早く処分をして、新しいエアコンに買い替えましょう。(もちろん修理で済むなら修理の方が安く済み、使用できるまでの期間が短くて済みます。)

とはいえども今まで一度もエアコンを処分したことがないから、どのように処分したら良いのか分からないなんてことがあるでしょう。

いざエアコンを処分しようとする場合、大体の人がすぐに思い浮かぶ処分方法は粗大ゴミに出す事だと思います。
しかしここ数年で家電リサイクル法が定められ、エアコンなどの処分に関して取り決めが以前より格段に厳しくなり、粗大ゴミでの処分が不可能となりました。
処分の仕方を知らない方からすると一体どのように処分したら良いか分からないですよね。
そん方々のために今回はエアコンの処分方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

まずは「家電リサイクル法」について触れてみましょう。

●そもそも家電リサイクル法とは、どのような法律か?

家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所等から処分目的で排出された家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)には有用な資源が含まれている為、その有用な資源を再利用、リサイクルをして廃棄物を少しでも減らすとともに、今後の環境保護のために資源の有効利用を推進するための法律です。

 

この法律が定められたことにより、回収、分解、再利用するために様々なコスト、費用がかかりどのような処分方法でもその費用を消費者が負担しなければならなくなりました。
その費用の内訳とは、家電を再商品化する為のリサイクル料金、業者が家電を収集する為の移動にかかる収集運搬料の2つがになります。

そしてここからはこの家電リサイクル法に基づいて処分出来る方法を4つご紹介させて頂きます。

➀家電量販店に引き取り処分を依頼

家電量販店に依頼することで、作業を全て請け負ってくれますが、処分するエアコンを購入した家電量販店または、買い替え用の新しいエアコンを購入した家電量販店に限られるので気をつけましょう。

エアコンの取り外しはとても大変かつ、設置条件によっては大変危険なので、取り外しをしてくれるのは頼もしいのですが、前文で紹介した2つの費用とは別に取り外しの費用も負担しなければなりません。作業料金という物ですね

大体の家電量販店での相場はリサイクル料と回収運搬料のみで1400円〜2300円、エアコンの取り外し工事の費用でプラス4000円〜6000円が妥当なので参考にして頂ければと思います。

②お住まいの地域の自治体にエアコンの処分を依頼する

各自治体によっては家電リサイクル収集のサービスを行っていない場合がありますので必ず事前に確認をしておきましょう。

メリット、デメリットは自治体に頼むことによって安心してお願いする事が出来るのですが、自治体のサービスでは専門の作業が出来るものがおらず、エアコンの取り外しを行っていない場合がございます。となると別の業者にお願いすることになり、時間と費用が掛かります。

③都道府県ごとに許可を受けた指定引取り場所へ直接持ち込み、エアコンを処分する

この場合、指定引取り場所へ連絡し、持込み可能な日にちを確認し、リサイクル料金を郵便局やゆうちょ銀行で支払い(製造メーカーで料金変動したりしますので要注意!)

支払い後に発行されるシールを貼りエアコンを指定引取り場所へ持ち込みます。
エアコンの運搬をご自身で行うので、もちろん運搬料金はかかりませんし、取り外しも自分で行えば、リサイクル料金のみで済むのでこの中では一番割安に処分が可能な方法になります。
エアコンの取り外しもご自身ででき費用をなるべく抑えたい、更に車を所有していてエアコンの運搬が可能な方はこの方法で処分されるのがいいでしょう。

④不用品回収業者に依頼する

ネットやチラシなどでよく見かける「不用品回収業者」にも回収作業を依頼は出来ますが、中には不法投棄、高額請求などの悪徳な業者や違法な回収を平気で行う業者が紛れ込んでいる場合があるので業者選びは慎重にされるといいでしょう。
違法な業者かどうかを見極めるためには、まず、インターネット上でHPがあるかどうか、手抜きな感じかどうか、作業員の顔写真は拝見できるか、実績はあるか、「一般廃棄物収集運搬業」「産業廃棄物収集運搬」の許可があるか確認、自治体に連絡して許可をもらっている業者かどうかを問い合わせるという確かめ方があります。

違法な不用品回収業者に依頼するとトラブルに巻き込まれやすいので注意しましょう。

 


最後に

このように様々な処分方法がある事をお分かり頂けましたでしょうか。
処分の様々な方法があるように、その依頼する所によって請け負ってくれる作業も様々です。
お年寄りや女性の方が依頼する場合は、ご自身では困難なエアコンの取り外しや、家の中から外へエアコンを運び出す作業はしてくれるかなどの問い合わせ、確認を必ずしておきましょう。

上記の内容を参考にご自身に合った最適な処分方法を試してみてください。