ブログ

2020.02.27現場

京都府京都市右京区にて不用品回収業者選びにお困りの方へ

本日は京都府城陽市にて不用品回収のご依頼をいただきました。

一軒家の片付けで他業者の回収忘れが多くあり、対応するのに苦労いたしましたが何とか無事に終えられて一安心しております。

元々は一軒家の片づけをされておられたそうで私たちは片付け前の物量を目視しておりませんので詳細は不明ですが、ご自身でもゴミ袋40袋は処分したと仰っており、他業者の3tトラックを2~3台は使ったとのことでそのお話からはかなりの物量があったのだと思います。

問題なのはご依頼者様が現地にもうすんでいない状態で物量が把握されていない段階でご依頼をお受けいたしました。

お客様のお話では残基物はそんなにないとお聞きしており、当社の軽トラつみ放題プランで安く済ませたいとのご要望がありましたので、軽トラックでお伺いさせていただきました。

現地に着いて物量っを確認させていただいたところ確かにその時に確認したものは軽トラの分量で対応が可能でした。

ただ、現場のお家を売却されたとのことで念のために売却主様にも確認を取ってもらいました。

すると見る見るうちに処分しないといけないものがどんどん増えて気が付けば当初の1,5倍の物量になっておりました。

このようなことは不動産売却によくあるケースの一つです。売主さんと飼い主さんの考えが少しでも違うと二度手間三度手間になりますのでこれから売却される方などは気を付けましょう。

業者に丸投げにしてしまうと必要な物、大事なものが気が付けば無い。。。などということになりかねません。

私たち不用品職人の一休ではこのようなことが無いように事前、事後の確認を売主様や買主様に確認しておりますのでみなさまにご安心してお任せいただいております。

ご心配な方がおられましたら一度ご連絡いただけたらと思います。

 

 

不用品職人の一休