ブログ

2020.04.10現場

奈良県宇陀市にて粗大ごみの処分、不用品回収ご希望の方はお任せください。

本日は奈良県宇陀市にて倉庫の片付けのご依頼をいただきお伺いさせていただきました。

奈良県宇陀市といえば室生寺、室生寺のシャクナゲというお花、枝垂れ桜といった観光名所が多い外出規制がなければこれからの季節にピッタリの場所でした。

そんな桜などが美しく咲き誇っている町での作業内容は白の制服でお伺いして居たら真っ黒の状態で終えるような使用されなくてかなりの年月が経過したような倉庫、倉の片付けでした。

蔵の中や倉庫の中からは今までの最高とも入れるほどの種類の不用品、ごみ、ガラクタともいえるようなものがたくさん出てまいりました。

ご本人も仰っておられましたがとても一人や二人では片付かない、対尾プが非常に難しいであろう現場でありました。

私たちもお伺いするまではどこか「お聞きした内容だと2トントラック2台の作業員二人で行っても大丈夫だろう」と考えておりましたが現場につき、物量、種類、現状を拝見させていただいた瞬間には事務所に人手の要請をしておりました。

こういった倉庫や蔵といった現場には普通の住宅以上に保管期限が長くなりがちで、風化などしてちょっとした衝撃や横風で舞い散るのでなるべく風を入れずに作業しないと後々の掃除が大変なことになりがちです。

私たちには経験が多数ございますのでそういった事はございませんが、ご自身で中を確認したり、仕分けなどをされる際は風化をしてボロボロになっていることも想定されるといいでしょう。

もし自分たちで手が付けられないような状態になってしまったらご連絡をいただけましたらすぐに駆け付けさせていただきたいと思います。

 

不用品職人の一休