ブログ

2021.01.30お知らせ

神奈川 不用品(コロナ事情)

新型コロナウイルスの影響で外出自粛をせざるを得なくなってから約一年が経ちました。
外出自粛のなかで社会問題になっているのが、ゴミ問題です。
外食をしづらくなった現在、デリバリーやテイクアウトなどが以前より断然増え、家庭で出るゴミが多くなってきています。

そんな中、大阪府吹田市では各家庭で出されるゴミが急増した為、収集車が焼却場との往復をする回数が増え、回収時間が1時間ほどの遅れが出てしまったという事が発生しています。

吹田市によると、去年に比べ外出自粛の影響で、1ヶ月のゴミの量が昨年の同月の量に比べ約410トンのゴミが増加したようです。
一つの市でこれだけのゴミの量が増加したならば大阪府。いや全国で見てみるととてつもない量が増加したことになりますよね。

このように回収時間が遅くなることによって、集積場にかけてある散乱防止ネットからごみ袋があふれ、カラスがごみを散らかすという別の問題も出てきます。

コロナ問題がある以上、ゴミ問題は避けられないことです。
収集車を増やすとこによって回収時間問題は解決するのかも知れないが、そうなった場合、人員増加などの問題が発生します。

今のところ吹田市は、収集車の増加予定はないとしているそうです。
コロナ問題がある以上、もう少しゴミ問題は続きそうなので、何か良い対策を見つけることが出来るといいです。