ブログ

2020.05.11お知らせ

テレホンカードの活用法、処分について 不用品職人がお教えいたします。

時代と共に目にすることが少なくなったテレホンカード。

携帯電話が普及していなかった頃は、外から電話する手段はテレホンカードや硬貨を使って公衆電話から電話するのが主流だったので、ほとんどの方がテレホンカードを持っていたのではないかと思います。
そのような中、財布や引き出しを整理した時に未使用のテレホンカードが出てきた、なんてことがあるのではないでしょうか。

もう公衆電話自体、少なくなってきているし携帯電話も保有していて使う機会が無いから、出てきたテレホンカードをどうして良いか分からない人がいるのでは無いかと思います。
そんな人の為に使わなくなったテレホンカードを何に活用出来るのかをみていきます。

1つ目

NTTの電話料金をテレホンカードで支払うという方法です。
ただし、未使用のテレホンカードのみ使用可能で、1枚につき52.5円の手数料がかかるので、覚えておきましょう

2つ目

オークションやフリマアプリに出品することも可能です。
高額で売れることは少ないですが、もしかしたらお持ちのテレホンカードにはプレミアムがつく程の価値があるかもしれません。
私達の目ではプレミアムだ、とは判断出来ないので、金券ショップなどで見てもらうと良いでしょう。
その際にオークションやフリマアプリに出すのが面倒な人は金券ショップで換金も一つの手です。

ただし、金券ショップは換金率が良くありません。
しかも定価の半額以下なんて場合もあるので、そのことを踏まえた上で金券ショップでの換金を考えると良いですね。

他には、以前まではテレホンカードでの支払いが可能なお店やホテルなどもありました。

ただ、残念なことに今ではほとんどのところでサービス終了となっているようです。

このようなサービスが利用出来るのであれば、まだまだテレホンカードの利用範囲が広がると思うので便利でありがたいですね。
またクオカードのように、コンビニ等で使用出来るのであれば、更に嬉しいサービスであり、いくらテレホンカードがあっても困りませんね。

そしてテレホンカードを処分するのではなく、自分で使用することも1つの方法です。
例えば、電波が繋がらない山間部でのアウトドアの時には意外な時に役に立つかも知れないので、カバンに入れておいたり、周りにアウトドアが好きな方にプレゼントするのも良いですね。
そしてもし、入院をすることになれば、携帯の使用が出来ない病院でのテレホンカードが役に立ちます。

工夫や考え方次第で、テレホンカードもきっと役に立ちます。

もう使わないからすぐに捨てるのではなく、もう一度ご自身にあった使用方法を見つけれると良いですね。