ブログ

2020.04.28お客様の声

長年乗っていない車の処分にお困りではないでしょうか?

皆さんはもう要らなくなった車、どうしていますか?
処分の方法が分からないから、乗らないけれども所有している、という人は自動車税や車検代がかかってくるのでとても損をしています。

今回は車の処分方法は知っているけれども、念のためもう一度確認しておきたい人や、処分方法がよく分からない人の為に、もう動かない車の処分方法と、まだ乗れる車の処分方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

まずもう動かず、活用性のない車の処分方法です。
もう動かない車は廃車手続きが必要になります。
手続きは2種類あり、一時抹消登録と永久抹消登録です。

一時抹消登録とは、海外出張や、なんらかの都合で長期間、車に乗らない場合に一時抹消登録を行うことで、抹消している期間中の自動車税を一時的にストップすることができるのです。
また一時抹消登録をしたあと、乗るタイミングになったら申請をすることによってまた、その車に乗ることができます。

永久抹消登録は、事故や災害で使用できなくなった車や二度とその車に乗らないなど、車としての価値がなくなった車は、最終的には処分するしかないのでその車籍を消し、解体処分を行い、抹消することをいいます。
この方法では事前に解体作業が必要でして、専門業者に解体依頼して解体証明書を受け取っておきましょう。

処分費用も軽自動車なら約8000円以上、普通車なら1万円以上かかります。
車の状態によっては専門業者に依頼した方が安くなるケースもあるのです。
ご自身で廃車手続きをお考えの方は一旦、廃車買取業者に依頼してどちらの処分方法が良いか比べてみるのも良いでしょう。

この廃車買取業者とは、廃車処理時の費用はかかることなく、車の状態によっては、業者に数万円で買い取ってもらえる場合もあります。
なぜ無料で買取してくれるの?と不安に思う方もいらっしゃると思うのですが、このような業者はバラバラにした車のパーツを個々に販売することで利益を得られるため、代行費用をもらわないことが多いようなので、心配する必要はないかと思います。

また他の方法では新しい車をご購入でお考えの方は同じ店に下取りを出すことも可能です。
この場合、売却では値段が付かなった車にも査定額が付きやすくなる特徴があります。
そしてメリットとして、処分の手続きと購入する手続きを一緒にでき、他の処分方法に比べて自分で行う手続きが少なくてすむので、良いかもしれませんね。

そしてまだ使用可能な車の処分方法です。
新しい車を購入するから今乗っている車が要らなくなった、というケースが多いと思うのですがその場合、そのままディーラーに下取りを依頼するケースが多いと思います。
この場合、ディーラーに対して高額査定を求めるのは難しいので、ディーラーではなく複数社の中古車販売店に査定してもらうと高額査定に繋がりやすく、お得になる方を選ぶのがおすすめです。
売却をする際には、必要な書類があるのでそれもしっかり調べた上で準備しておくと効率よく売却の段取りが出来るので覚えておくと良いでしょう。

次に、業者などに売却するのではなく、知人などに譲渡するという方法も一つの手段です。
譲渡する為には業者を通さない為、必要書類を自分たちで揃えて名義変更、任意保険の変更を行う必要があり少し手間がかかります。

必要な書類は、譲渡証明書、車検証、相互の印鑑証明書、相互の実印、委任状、車庫証明、申請書を用意して、譲渡先の方の住所を管轄する陸運支局へ行って、名義変更の手続きを行いましょう。
何かの書類を忘れたりして陸運支局へ何度も足を運ばなくてはいけなくならないようにしっかり確認して、トラブルにならないように手続きが出来ると良いですね。

このように車を処分するには何通りかありますが、自分で廃車手続きをする場合はとても複雑で面倒な作業なので、やはり一番おすすめの方法は査定に出せる車であれば、中古車販売店での買取ですと高額買取りの可能性もあり、、査定出来ない車は、廃車買取業者を利用することです。

使わない車がある場合には、ぜひこれらの処分方法を参考にして、トラブルなく処分して頂けると幸いです。

 

不用品職人の一休